【開花・満開情報】小山駅西口前の思川桜を定点観測しました!|2022年

小山市オリジナルの桜、思川桜。

ここでは、ソメイヨシノよりも開花が少し遅いこの桜の開花情報をまとめました。

思川桜とは?小山市オリジナルの品種

思川桜は1954年に発見された小山市原産の桜で、淡いピンクの優美で可憐な花を咲かせます。ソメイヨシノの2倍、10枚の花びらをつけるため花の密度が高く、満開の様子は圧巻です。

開花時期はソメイヨシノの1週間程度後で、4月上旬~4月中旬ごろに見ごろを迎えます。

小山市内各地にはたくさんの思川桜が植えられていますが、ニシグチオヤマのエリアの近くにも、小山市役所西側の思川桜堤や西口を出てすぐの祇園城通り沿いの桜並木など、名所が盛りだくさんです。

祇園城通りの思川桜並木

小山駅西口前の桜を定点観測します。

この桜を定点観測していきます

ニシグチオヤマでは、小山駅西口を出てすぐのこの桜の木を標準木として設定しました。

2022年3月8日 定点観測スタート

2022年3月8日の様子

3月もまだ序盤というこの日の最高気温は10.9℃。平年よりも高い日が続いていましたが、枝に蕾のようなものができ始めたばかりで、まだまだ開花する様子はありませんでした。

2022年3月11日ほんの少しだけ蕾が大きくなりました

2022年3月11日の様子

この日の最高気温は17.1℃。ちなみに翌12日の最高気温は22.8℃と、春並みの陽気が続いていましたが、桜の様子にはあまり変化がありません。ほんの少しだけ蕾が大きくなったかな?という印象です。

ゆっくりと春の準備をしているようです。

2022年3月15日 数日のうちに蕾が大きくなりました

2022年3月15日の様子

この日は逆光だったので、いつもの反対側からの写真です。

前日14日の最高気温は25.0℃と、春を通り越して初夏のような気温でした。11日の頃から暖かい日が続いてたこともあってか、蕾が目に見えて成長しています。

ほんのりと赤く色づいている蕾もいくつか確認できますね。

2022年3月25日 順調に蕾が成長しています

2022年3月25日の様子

前回から10日も間が空いているということもありますが、あきらかに蕾が大きくなっています

この日の最高気温は17.4℃。やはり平年よりも暖かいですが、実はこの3日前の22日は、みぞれが降るほどの寒い日でした。暖かい日が続いている割に開花がそれほど早まっていないのは、その影響もあるかもしれませんね。

2022年4月1日 ついに開花!!

2022年4月1日の様子

新年度を迎えたこの日。ついに、小山駅西口前の思川桜が開花しました!!完全に花を開いているものが5輪程度、それ以外にも今にも咲きそうな蕾がいくつもありました。

2022年の栃木県のソメイヨシノの開花日が3月27日ごろですから、やはりソメイヨシノよりも1週間弱遅めの開花となりました。

2022年4月5日 1~2分咲きです

2022年4月5日の様子

前回よりも開花が進んでいますが、まだまだ見ごろはこれからといった様子です。4月に入ってからも平年より暖かい日が続いてこともあってか、この桜からほど近くの祇園城通り沿いの桜の中には、見ごろを迎えているものもありました。

開花の時期に少しのズレがあるのは、陽当たりや個体差の影響があるのでしょうか。

2022年4月13日 満開を迎えています!

2022年4月13日の様子

開花から2週間程度経過し、ほとんどすべての花が開いています。若干葉が出てしまっているので、「見ごろ」という意味では数日前だったかもしれません。

満開ということで、小山を象徴する思川桜と市民が集うJR小山駅を同じ写真に収めてみました。

今年は時間の都合がつかず、城山公園や思川堤防の桜並木を見行くことが出来なかったので、来年リベンジしたいと思います!

シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA