10月17日(日)は西口まつり!複数イベントが同時開催・マルシェやお菓子ラリーなど子どもから大人まで楽しめる!

城山公園(祗園城)がリニューアルします!どう変わるの?小山氏の歴史や再整備の背景と未来について

小山駅西口から歩いて10分。城山公園(祗園城)は、観晃橋がかかる思川の手前の丘陵にあります。

城山公園は現在、再整備に向けて工事が進められています。史跡公園として歴史がある城山公園は今後どのように移り変わっていくのでしょうか?

城山公園(祗園城)と小山氏の歴史にふれながら、城山公園の再整備の背景やこれからの未来について紹介します。

城山公園とは?中世小山氏の歴史を紹介!

城山公園は小山駅西口から歩いて10分のところにあります。

城山公園は、思川を臨む高台にあり、かつて中世小山氏の居城がありました。

城山公園の入り口

まずは、中世小山氏の歴史を振り返り、城山公園(祗園城)の歴史を紐解いてみましょう。

中世小山氏 祗園城を居城としていた時代

ときは10世紀。関東では下総の武将、平将門が朝廷に対して反乱をおこします。天慶3(940)年に将門を討ったのが、下野国の武将・藤原秀郷です。

久安6(1150)年に藤原秀郷から7代の子孫にあたる政光は、下野国都賀郡小山郷を本拠として小山氏を名乗り、関東の雄、小山氏の歴史が始まります。この小山政光が居城としたのが、祇園城(現在の城山公園)です。

小山政光と寒川尼の像(小山市役所裏の堤防沿い)
長福城跡(八幡町)あたりから祗園城を思川越しにのぞむ!

祗園城という名前の由来 小山氏が、現在の城山公園の場所に城を築いたとき、城守りの神として祇園社(現在の須賀神社)をまつったことから、祇園城と呼ばれるようになったと伝えられています。

祗園城の陥落から北条氏の没落まで

天正3(1575)年に強大な武力によって北条氏は着実に勢力を拡大し、ついに北条氏は小山氏領に侵攻します。1度は退けるも、翌年、居城の祇園城は陥落します。

祇園城跡にかかる祇園橋

秀綱は佐竹義重を頼り逃亡し、ここに400年続いた関東の名門、小山氏は滅亡します。その後、北条氏は北条氏照を祇園城代に任じ、秀綱もその一配下となることで小山復帰が認められます。

天正18年(1590年)に豊臣秀吉による小田原征伐で北条氏の没落

小山氏の旧領は結城晴朝に与えられます。秀綱は晴朝に従うことになり、秀綱は小山氏の再興を運動したものの果たせず。小山氏の家督は秀綱の後は孫の小山秀恒が継ぎ、後に秀恒の子の小山秀堅が寛文年間に水戸藩士として取り立てられ存続し、現在に至っています。

▽中世の小山氏の華々しい歴史が漫画でわかる一冊「まんが郷土史 おやまの歴史」。

おすすめの一冊 小山の歴史中世編

宇都宮城へ移封・廃城へ

元和二(1616)年には本多正純が祗園城主となりますが、元和五(1619)年に宇都宮城へと移封となり、祗園城は廃城となりました。

宇都宮城址公園

明治時代・昭和31年に城山公園の開園!

明治時代には、城山公園内の場所に、第二代衆議院議長であった星亨の別邸が建築されました。

祗園城は、昭和 26(1951)年には地区公園として都市計画決定され、平成3 (1991)年に国史跡に指定

そして、今から約65年前の昭和31年(1956)年に城山公園が開園しました。

約65年前に城山公園が開園!

小山駅からも歩いてすぐの場所にある身近な公園の城山公園。この地で、約500年前から壮大な歴史があったことをほんの少しでも知っているだけで、目の前に映る景色が違って見えてきます。おもしろいですね。

城山公園の過去と現状 再整備の背景とは?

城山公園は、春は市の花である思川桜や、ソメイヨシノが咲き誇りお花見を楽しめ、秋には見事な紅葉も見られます。伝説があるイチョウも紅葉の季節はなんとも美しく見事!

その一方、木々が高くうっそうと生い茂り、全体的に薄暗い雰囲気があることも否めめません。近隣の小学校では、「子どもだけで城山公園に行ってはいけません」という指導もあるとか。

施設の老朽化や、桜の古木化に伴って来園者が減少していることに加えて、近隣住民の方々からは樹木の大木化や古木化により倒木を心配する声も寄せられています。

木々がうっそうと生い茂っています
子どもだけで遊びに行けない公園?

500年前から続く歴史と文化、思川をのぞむ絶好のロケーションという素晴らしい公園が、存分に活用されていないのはもったいないですよね。

そこで、現在進められているのが城山公園再整備の計画です。

城山公園再整備の計画とは?訪れたくなるような魅力ある公園へ!

それでは、城山公園の再整備の計画の内容をちょっとのぞいてみましょう。

城山公園では、新たな「憩い・集い」の拠点として再整備し、まちの活性化や賑わい創出の拠点となるような計画が進められています。

再整備のコンセプトは、「国史跡としての歴史資源を保全・活用すると共に、桜を中心に花々が楽しめる快適で魅力ある空間と思川の親水空間・景観を連携させた再整備を行う。」ということ。

なるほど!祇園城の風格や凛とした雰囲気が感じられる歴史や文化は残しつつ、桜などの四季折々の美しさや、思川をのぞむ景観をいかした快適に過ごせる公園になるんですね。

城山公園鳥瞰図 城山(祇園城)公園再整備基本設計概要より

城山公園はこのように変わります▽

・史跡公園として風格あるエントランスとするため、既存の石垣を彩る植栽と趣のある園路を整備する。
・保護盛土を施した土塁の法尻を、四季折々に楽しめる草花で彩り、散策しながら歴史を感じられる園路を整備する。
・花見の季節をはじめ、様々なイベントや市民の憩いの場として利用できる多目的な芝生広場を設ける。
・思川を望む園地西側には、転落防止柵を設置したテラスを設け、高台ならではの悠然な景色を楽しみながら休憩できる場とする。

城山(祇園城)公園再整備基本設計概要版より引用 (https://www.city.oyama.tochigi.jp/site/shiroyamapark/234343.html

約3年かけて工事が進められて、令和5年(2025年)にリニューアル予定です。

子ども連れのファミリー、カップルやもちろん年配の方、そして、小山市民だけではなく、小山市外の近隣エリア・首都圏からもわざわざ訪れたくなるような魅力的な公園へ。計画を眺めるだけでわくわくします。

小山市役所の都市計画課の担当職員さんは、これからは「デートは史跡(城山公園)を当たり前に!」とおっしゃていました。魅力的なスポットに生まれ変わっていくという未来が見えてきまます。

デートスポットとしてもふらりと訪れたくなる公園、素敵ですね!

公園活用事業提案募集!城山公園の協議対象事業者の決定

城山公園の再整備の計画を紹介しましたが、実はそれだけではありません。公園の民間事業者の活用が導入され、城山公園も公園活用の事業提案の候補となりました。

公園活用事業提案募集は、公園の魅力・市民サービスの向上や使用料等の徴収による市の負担軽減を図るという目的があります。

城山公園の協議対象事業者は「株式会社Backpackers’Japan 」に決定しました。(2021年2月決定)

城山公園での事業内容は、飲食施設とアウトドアを軸とした公園活用事業として、飲食施設、デイキャンプサイト、イベント(青空図書館、キッチンカー等)開催などの予定

今後は、2021年(令和3年)3月に小山市との詳細協議や基本協定の締結をし、2023年(令和5年度)に  城山公園での事業開始が予定されています。

これからより魅力的なスポットに生まれ変わっていく城山公園。

詳しい情報が分かり次第、当サイトでも随時、お知らせしていく予定です。続きをお楽しみに!

シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA