10月17日(日)は西口まつり!複数イベントが同時開催・マルシェやお菓子ラリーなど子どもから大人まで楽しめる!

【ニシグチオヤマ】ロゴに込めた想いやテーマを紹介!「アクティブ×丁寧×フレンドリー」

当ウェブサイト、ニシグチオヤマの顔とも言えるロゴマーク。青緑色のテーマカラーとともに、「ニシグチオヤマ」とあしらわれた文字は素敵で、筆者はとても気に入っています。

ニシグチオヤマのロゴは、実はたくさんの想いとニシグチオヤマのWebサイトに寄り添ったテーマから制作されていますよ。

本記事では、ニシグチオヤマのロゴに込められた想いや制作の過程などを紹介します。

ロゴ制作はプロダクトデザイナーの松本笑子さん

ニシグチオヤマのロゴ制作のお願いをしたのは、小山市在住のプロダクトデザイナーの松本笑子さん

プロダクトデザイナーの松本笑子さん

松本笑子さんには、2021年5月に城山公園で開催した「おやま妄想会議」でトーカーとして発表していただきました。このときのテーマは「小山をブランディングが盛んなまちにしたい!」です。

▽おやま妄想会議で発表していただいたときの様子

城山公園での史跡デートなどのイラストを混じえて「ブランドとブランディングの違い」などを、わかりやすく教えていただきました。

発表のスライドより ブランディングとブランドの違い

発表はわかりやすくて大変面白かったです。デザインやブランディング、ブランドと聞くとなんとなくイメージできても、あいまいな部分が多くて。それを具体的に説明していただき、すっと理解することができました。

さらに、「小山をブランディング盛んなまちにするためにできることはなにか?」ということを考えるきっかけにも。

松本さんは都内の大手企業のプロダクトデザイナーとして勤務していますが、デザインで小山のまちや身近な人に役に立ちたいとの想いもあり、小山市内でもデザイナーとして活躍されています。

地元に愛されている珈琲店のロゴなども松本さんが作成していますよ。

ニシグチオヤマのロゴのテーマは「アクティブ×丁寧×フレンドリー」

ニシグチオヤマのロゴデザインのテーマや制作過程を紹介する前に、まずはニシグチオヤマのWebサイトの目的をみてみましょう。サイトの目的は大きく以下の3点があります。

ニシグチオヤマのWebサイトの目的
  • 小山市民が対象地域への愛着をもつ・好きになる
  • 近隣地域や首都圏から足を運ぶきっかけとする
  • 対象地域の歴史や文化を可視化し、次世代に引き継ぐ

ニシグチオヤマのWebサイトの目的から導き出されたロゴのテーマは「アクティブ×丁寧×フレンドリー」。このテーマには以下のような意味が込められています。

  • アクティブ …楽しさ・パワー・行ってみたい!を感じてもらいたい
  • 丁寧…歴史・深み・繋がりを感じてもらいたい
  • フレンドリー … 身近・安心・あたたかさを感じてもらいたい

さらに次に考えたのは、アクティブ、丁寧、フレンドリーのどこに重きをおいてデザインするか

それぞれに重点を置いた案(大きく分けて3パータン)をデザイナーの松本さんから提示していただいたときに、驚きました。

アクティブに重点をおいた案は、ぱっと見た目でエネルギッシュな雰囲気が伝わってくるようなロゴ、フレンドリーに重点をおくと、より楽しげで親近感がわくようなロゴということが伝わってきました。

なるほど!

「かっこいいから、雰囲気があっているから…」というぼんやりとした感覚だと個人の主観となり、人それぞれで受け取り方も違ってきます。しかし、デザインのテーマを決めてから制作すると、ロゴのデザインに納得するだけでなく、目的や想いが伝わるデザインが出来上がっていくんですね。

ニシグチオヤマのロゴはアクティブ、丁寧、フレンドリーの中で、とくに「丁寧さ」に重点をおくことを運営メンバーみなで意見を出し合って決定しました。

限定的なエリアと密度に特化したWebサイト、丁寧に人々の営みを紡ぐという「丁寧さ」がニシグチオヤマで伝えたいテーマと一番マッチしたということが理由です。

ロゴのモチーフは、全て繋がっている道。ニシグチオヤマという文字は、歩いて巡れる小道のように全てつながっています。

デザインの特徴は、徒歩で巡れるエリアに限定し、 通りの大きなイベントから小道のニッチな情報まで網羅する Web サイトの特徴と紐付けていること。

濁点を表すふたつの円は、「地図上で特定のエリアを表す円」「情報発信を表す多重円」 「小山氏家紋にあやかった円」の意味が込められています。

「NISHIGUCHI OYAMA」の英字は、読みがなとしてわかりやすいだけでなく、市内在住の外国人の方も発音できるようにと記載していますよ。

テーマカラーは青緑色。

ニシグチオヤマの青緑色には、自然(思川・城山公園)と街中、 歴史の深さと今っぽさが両立するハイブリッドカラーという意味が込められています。

「ニシグチオヤマ」のロゴデザインにはテーマと意味がきっちりと込められていて。ロゴの制作の過程1つとっても、少しでも知ることで、気になったり好きになっていくのでは…と感じています。

ニシグチオヤマのWebサイトも、きっかけの種を蒔いていけるような存在であり続けたい…そう思えるようなロゴが決定し、運営メンバーの1人として嬉しい限り!

どうぞ、ニシグチオヤマのサイト、ロゴともどもよろしくおねがいします。

シェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA